舌側治療を行う表参道の矯正歯科

表参道の矯正歯科では、特に成人の患者さんで治療期間中に装置を着けていることが他人から目立つことを気にされる方も安心な目立たない治療をしています。


そのひとつに、ブラケットとワイヤーを歯の裏側に装着する舌側治療・裏側治療があります。舌側治療では装置を歯の裏側に付けるので、治療中であることが他人に知られたくない方も安心です。表側に比べ、舌側治療では歯科医師の経験・技術・知識が求められます。


表参道の矯正歯科には学会認定の矯正治療の専門医の先生が在籍されていて、難症例も含め多くの治療実績があります。

表参道の頭痛外来のことならこちらのサイトが便利です。

舌側矯正には、治療中であることが他人に知られにくいということの他にもメリットがあります。それは、虫歯のリスクが少ないことです。
矯正治療中は歯に装置が着けられますので、普段よりも歯磨きがしにくくなってしまいます。
そのためプラークなど汚れが溜まりやすく、虫歯のリスクが上がりがちです。

どんな人にもOKWaveなら、多くの人が選んでいるこのサイトにお任せ下さい。

舌側矯正では歯の裏側に装置を着けますが、歯の裏側には唾液腺があり、唾液の対流がよくなっています。
そのため虫歯菌が生成した酸が流されやすく、表側に装置を着ける矯正治療に比べて虫歯になりにくいと言えます。

また表参道の矯正歯科では、ハーフタイプの舌側矯正治療も行っています。
ハーフタイプ治療では、他人から見えやすい上の歯は矯正装置を裏側に装着し、舌の歯は表側に装着します。
表参道の矯正歯科では、患者さんの希望や不安な点などを正確に把握するために治療前には充分な時間をかけたカウンセリングを行っています。