小児の早期受診を勧める表参道の矯正歯科

表参道の矯正歯科では、いろいろなタイプの歯並びや噛み合わせの異常・不正咬合を治療しています。不正咬合の治療は子供の治療というイメージがありますが、成人以降の幅広い年代で治療が可能です。



しかし、小児期の矯正治療では、大人にはない特徴があります。

それは、子供の場合は顎の骨が成長段階にあるということです。

この顎の骨の成長を利用することで、効率のよい矯正治療が可能です。

表参道の矯正歯科ではいろいろな年代の患者さんを診察・治療していますが、小児の患者さんではなるべく早い段階での歯並びや噛み合わせの管理開始を推奨しています。
子供の場合、顎の骨の成長を促すことで将来的に永久歯がきれいに並ぶスペースを確保する床矯正という治療が可能です。
早期に管理を開始して顎の骨の成長を促し、噛み合わせを誘導することで抜歯の処置を回避できる可能性が高まります。


表参道の矯正歯科では、歯が生え始めたら早めに受診することを勧めています。

基本も充実したYahoo!知恵袋の欲しい情報が手に入りました。

赤ちゃんの頃から歯科医院を受診してクリニックに慣れていれば、もしも矯正治療が必要になった時にもスムースに治療が開始できるというメリットもあります。
また表参道の矯正歯科では、乳幼児期の指しゃぶりの癖やいつも同じ側でばかり噛んでしまう癖など、生活習慣についてもアドバイスをしています。
表参道の矯正歯科では、小児期の顎の骨が成長中の矯正治療を第1期治療、永久歯が生えそろってからの治療を第2期治療として治療を進めています。