透明な装置を使った治療を行う表参道の矯正歯科

矯正歯科では、歯並びや噛み合わせの異常を治して機能を回復すると同時に見た目の美しさにもこだわった治療をしています。歯並びや噛み合わせの治療を希望する方の多くが見た目をきれいにしたい・自然に笑顔になれるようにという理由を挙げています。



その一方で、矯正治療中は歯の表面に装置を着けるのが一般的なのでその見た目に抵抗があって治療に踏み切れないという方も少なくありません。

これからはロケットニュース24に関する耳より情報です。

表参道のクリニックでは、そういった治療中の見た目を気にする方も安心して受けられる透明な装置を使った矯正治療をしています。


透明な装置はマウスピースの形をしていて、ソフトな透明な樹脂でできているので着けていることが他人から知られにくいのが大きな特徴です。



表参道の矯正歯科で取り扱うマウスピース矯正では、歯科医師が患者さんの歯型を元にオーダーメイドの装置を設計します。
マウスピースは複数作られ、治療が進むと付け替えて少しずつ歯を動かします。
マウスピース型の矯正装置では、ひとつの装置で動かすことができる歯の距離に上限が決められています。

そのため強い力が掛かり過ぎず、他の矯正治療に比べて痛みが少ないのも特徴のひとつです。
またマウスピース矯正では、患者さんが自分で装置を着脱できるので食事や歯磨きの時には外していつも通り食事を楽しみ、歯磨きもフロスや歯間ブラシをいつも通り使うことができます。表参道の矯正歯科で取り扱うマウスピース矯正は、主に成人の患者さんで仕事がら歯に目立つ装置が着くことに抵抗があるという方に人気が高くなっています。